2009年04月13日

reflection 2009-3-22 No3

IMG_0608.gif

Special Spring Workshop 2009 
にご参加いただいた先生方のご感想を数回に分けてお届けしています喫茶店

*******************************************
感想F 目
私は会員ではありませんが、ご縁あって2004年から夏のワークショップに参加させていただいています。毎回講師の先生方の素晴らしいお人柄と、教育理念と情熱とパワーを間近に感じて、とても良い刺激を与えていただくのですが、今回は更に Fleurette 先生の心あたたかいやさしさで、緊張をやわらげていただき、歌(フォークソング)を通して英語を学ぶ基本となる考え方とそのプロセスを学ばせていただきました。(私は、日頃の勉強不足と教えることの経験不足から、ワークショップはとても緊張してしまいます。)歌(特に厳選されたもの)は素晴らしい英語教材になることを、今まで以上に理解することができました。残念ながら、現在自分で実践できる環境にはありませんが、いつか学んだことを活かせるように、頑張って行きたいと思います。どうもありがとうございました。



*******************************************
感想G 目
今日は歌を歌として単純に楽しむ、歌うって楽しい♡と心から思いました。歌うことを通して言葉は吸収できると信じています。リズムを先にハモれるようになれば、wordsは後からついてきますね。今日のワークショップで初めから歌詞を知ろうとすると、メロディーがなかなか覚えられないことも体験できました。楽しかったです。ありがとうございました。


*******************************************

ひらめき次回の勉強会は、
2009年5月31日(日)10:00〜12:00

連絡先 : 大横栄子            
      ( お問い合わせはコチラまでお願いします。 )

場 所 : 弁天町市民学習センター
     (JR弁天町駅北側改札口オーク2番街7F)

*******************************************


posted by 犬

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
English EdVentures Inc. Osaka
児童英語講師 小学校英語
English Songs マザーグース 英語うた
勉強会 セミナー 
゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
posted by E.E.Osaka at 13:54| Comment(0) | ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

reflection 2009-3-22 No2

1.gif

Special Spring Workshop 2009 
にご参加いただいた先生方のご感想を数回に分けてお届けしています喫茶店

*******************************************
感想D 目
『Perception is the gate into our mind.』
今回のワークショップで、Fleuretteからいただいた一番のkeyフレーズです。
長年児童英語教育にたずさわる中で、私達は時に迷い、
立ち止まり「これでいいのか?」と悩み、迷路に陥る時があります。
その時にFleuretteの今回のワークショップでのこのフレーズと指導は
私達に《原点に立ち返り、また歩み出す》為の”勇気”を与えてくれます。
『 ≪まず耳をすませ、よく見て、感じて、考える。≫
という繰り返された心の記憶は確かな知識となって定着していく』
とFleuretteは何度も言及し、
何故FOLK SONG GAME なのか?というテーマに、
実に丁寧に、身をもってアプローチし展開されました。
それは、どんなに目新しい情報盛だくさんのワークショップよりも心に残る春の1日でした。
指導歴60年でなお、基本を丁寧にふまえながらのあのチャーミングで美しい歌声と笑顔、
そして軽やかなステップ。
さらに確かな見識に基づかれた原理と哲学は、
私達の今後の児童英語教育へのブレのない軸と指針、
そして大いなる”勇気”を与えてくれました。

*******************************************
感想E 目
たくさんの音楽、たくさんの遊び、とても勉強になりました。
一つの遊びや歌もパーツを変えただけで無限に広がるんだと思いました。
先生のパワーに圧倒され、元気をたくさんまらいました。
明日からのレッスンが楽しくなりそうです。

*******************************************

ひらめき次回の勉強会は、
2009年5月31日(日)10:00〜12:00

連絡先 : 大横栄子            
      ( お問い合わせはコチラまでお願いします。 )

場 所 : 弁天町市民学習センター
     (JR弁天町駅北側改札口オーク2番街7F)

*******************************************


posted by 犬

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
English EdVentures Inc. Osaka
児童英語講師 小学校英語
English Songs マザーグース 英語うた
勉強会 セミナー 
゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
posted by E.E.Osaka at 11:27| Comment(0) | ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

児童英語勉強会reflection

3.gif

Special Spring Workshop 2009 
にご参加いただいた先生方のご感想を数回に分けてお届けしています。

*******************************************
感想B 目
フロレッタ先生のお話と実演が大変楽しく、とても参考になりました。
今まで歌を始める前には、
導入として子供たちに視覚的イメージを与えてから行っていたのですが、
必ずしもそれがなくても子供たちは大いに楽しめるし、
むしろないほうがいいということを体感できたワークショップでした。

先生がはじめに質問があれば英語でも日本語でも構いません
とおっしゃっていたのがとても印象的でした。
英語に限らず、いかに”言葉”そのもののあり方を大事に考えていらっしゃるかがわかり、感銘を受けました。
そして、A right answer stops thinking. の言葉も素晴らしいと思いました。
最高の指導者は生徒から正しい答えを導き出すものではなく、
いかに深くたくさん考えさせるかなのですね。見習いたいと思います。

*******************************************
感想C 目
今回まったく誰も知らない曲”SALLY GOODIN’”を、
子供達と同じ立場に立ってゲームしながら、
ゆっくりと言葉を発見していく作業が新鮮でした。
まず動作を注視して覚え、リズムを手掛かりに言葉を探り出す過程は、
繰り返しの成果として実感できました。
そしてCIRCLE やGRUMBLERの発音を、
修正するようにというフロレットの指摘で英語は唇の柔軟性が求められる言語と改めて思いました。
常に唇に意識を持って話せるよう心がけたいものです。


*******************************************

ひらめき次回の勉強会は、
2009年5月31日(日)10:00〜12:00

連絡先 : 大横栄子            
      ( お問い合わせはコチラまでお願いします。 )

場 所 : 弁天町市民学習センター
     (JR弁天町駅北側改札口オーク2番街7F)

*******************************************


posted by 犬

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
English EdVentures Inc. Osaka
児童英語講師 小学校英語
English Songs マザーグース 英語うた
勉強会 セミナー 
゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
posted by E.E.Osaka at 18:03| Comment(0) | ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

新しい風に吹かれて(2008.6.8 感想)

2008.6.8-11.jpg 2008.6.8-10.jpg
6月8日の勉強会は≪入門講座≫ということで、
新しく参加されたたくさんの方々と本当に楽しくシェアリングできたことは、
非常に幸せな体験でした。

特に今回は現役の学生の方をはじめ一気に平均年齢が上がるくらいフレッシュなメンバーで、
多分みなさん≪柔らかい感性≫を心の引き出しにいっぱい持ってらっしゃるのでしょう。
すぐに、エドの目指すところの
『歌やゲームを通して楽しみながら英語を、しっかり身に付ける』 をごく自然態で体験し、
本当に理想的な形で吸収されているのが皆さんの笑顔、歌声に表れていました。
実は、その参加者の笑顔と心から楽しんで歌やゲームに参加されている事が
発表者にどれほどの安心と勇気を与えてくださったことか。。。。。

どんなに年数を重ねていても、人前で話したり、発表したりするという事は
とても緊張するものです。
特に今回は顔なじみのメンバー以外にニューフェイスがたくさんだったので、
しっかり段取りをしていたつもりがあがってしまって、
うっかり順番を間違えたり、もっと丁寧にしようと思っていたことを
さらっと済ませてしまったり、発表しながらもドキ・ドキ・ドキ!!
でも、受け手の参加者の方々のとっても温かいムードで、発表後半では
『一番楽しんでいるのは、もしかして私?』状態だったかもしれません。

何かを続けるということはとても素晴らしい事ですが、
マンネリ化というマイナスの要素も入ってきます。
今回のこの入門講座で、新しい皆さんと出会い、シェアリングできたことで、
エドのこの勉強会にも、私自身や私のレッスンにも新しい風が吹き込まれました。
風通しが良くなって、また原点に戻って勉強を続けて行く覚悟ができました。
発表をするということは、とても緊張する反面、非常に貴重な勉強の機会にもなります。
今回参加された皆さんが、いつか実際のレッスンで実践された事例や試してみたい事などを、
今度は発表者の立場でシェアーして下さることを楽しみに、
これからもご一緒に長く勉強できればいいな!と思っています。

Thank you for joining us!

by 1.2.3.4.5リゾート
posted by E.E.Osaka at 00:00| Comment(0) | ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

2008年6月8日勉強会感想

2008.6.8-7.jpg 2008.6.8-6.jpg


今回 初めての方や学生の方が来てくださり
熱心にメモをとり緊張されてた中でも笑いありのレッスンで
フルカブ!?の私たちも「あっ喜んでくれた〜 」などハラハラしていました。
新鮮な雰囲気の中で活気づいて、とても楽しい一時でした。
また参加してくださるかな?


by 織り姫ぴかぴか(新しい)

*************************************************
次回勉強会のお知らせ
2008年8月9日・10日
http://eeosaka.seesaa.net/category/4242167-1.html
*************************************************
えいご歌・マザーグース・勉強会・セミナー
小学校英語・英語講師・児童英語講師

posted by E.E.Osaka at 00:00| Comment(1) | ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

2008年6月8日勉強会 感想

2008.6.8-5.jpg

今回は、入門講座ということで、たくさんの方がご参加下さいました。
私は午後の部で、原曲からの発展を shapes をテーマに発表させていただきました。
教案の発表をさせていただくことは、いつも緊張しますが、
とてもいい勉強になりますし、気づきもあります。
機会を与えて下さる事にとても感謝しています。

誰でも知っているマザーグースなどのえいご歌を
ただ歌って終わりにさせない、会話や読み書きに繋げる方法を
こちらの勉強会で、たくさん教えていただきました。

8月のSummer Workshop も今から楽しみです。

postied by Iris 犬
posted by E.E.Osaka at 00:00| Comment(4) | ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

2008年6月8日勉強会 感想

2008.6.8-3.jpg 2008.6.8-4.jpg

たくさんの方が参加して下さり、とても活気ある勉強会になりました。
参加されている皆さんのお顔が活き活きと、とても楽しそうで、笑い声の耐えない時間でした。わーい(嬉しい顔)
大人がつまらないようなものでは、子どもが楽しめるはずもありませんものね。

1曲の歌で、いろいろなゲームを楽しみました。
手遊び、ジャンケンゲーム手(グー)手(チョキ)手(パー)、体で歌を表現、力比べ!などなど。
どれも、特に道具や、大変な準備など要りません。
↑これも、songworksの魅力の一つです。

ゲームだけではなく、
シラブルに注目させる、文字の前段階・簡単な絵を見て歌うなど、、何度を歌わせるための基本のテクニックをいくつも学べました。

楽しみながら、何度も何度も歌を歌うことで、日本語とは違う英語のリズム、音のかたまりを、体に覚えこませます。
その後、歌から文字(読み)への発展。 

お昼休みや、帰りの電車の中で歌を口ずさんでいる方もおられたのではないでしょうか?

子どもたちもそうです、たくさんたくさん歌って楽しんだものは、レッスンの後、友達と歌いながら帰って行きます。

大きくなった時、中学で英語の勉強が始まったとき、みんなと楽しんだ思い出と共に、「このフレーズどこかで聞いたことがある。」と思い出したり
英語を、単語と単語のつながりではなく、意味のつながりで理解するようになると思います。

そんな生徒たちを育てたい、、だから、毎回 勉強会に参加しています。

メンバーの dandelion 猫 でした。


posted by E.E.Osaka at 00:00| Comment(3) | ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

3月30日勉強会感想A

2008.3.30-1.jpg

Our Sweet Home
これは、 アプリコットから出版されている本ですが、 CDがついていて、どのシリーズも音がとてもいいです。 臨場感たっぷりの効果音が子供達の興味を刺激します。

年長さん以上位から使えそうなワークブックも別売りであります。

今回は 季節のレッスンの後にこの本を教室で使ったときの実践を発表させていただきました。

最後に場所を表す前置詞が覚えられるような歌が入っていて、その歌を繰り返し歌うためのアイディアを少しご紹介しました。

posted by dandilion猫
posted by E.E.Osaka at 12:32| Comment(2) | ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

3月30日勉強会 感想@

2008.3.30-2.jpg
Round and Round the Sesons Go
を年齢対象別にアプローチする方法をシェアーさせていただきました。
あと、手作りのカードなどを、いかに使い回し、あの手この手で使うか。。。
私の持って行ったカードで、他の先生から新しい使い方を教えて下さると得した気分です。

いつもながら、発表させて頂く時は、
緊張して、全く余裕のない状態です。。。。
みなさんにとって、役に立つ情報なのだろうか?
なんて少し不安になったりする時もありますが、
「間違いはない。正解がたくさんあるだけ」というN先生のお言葉を胸に、
今後も頑張りたいと思いま〜す。

私にとって、English EdVentures は、日向ぼっこしているみたいな、
温かい気持ちのなれる素敵な場所です。
いつもありがとうございます。
次回も楽しみにしています。

postied by Iris犬



posted by E.E.Osaka at 18:56| Comment(2) | ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

1月13日勉強会感想E(他言語体験について)

IMG_0122.jpg

「コムセマリ」の歌を始めて耳にしたとき、ただの音の羅列にすぎず、
耳に入ってはすぐに消えていく音を全く捕らえられない不安の中、
最後のフレーズの「ウスウスチャーランダ」だけはリズムと音がおもしろく、
すぐ口ずさめるようになり、それが妙にうれしくてその部分だけは得意になって口ずさみました。
このように最初意味のないただの音の羅列だったものが、
様々なゲームを通すうちに、
音のかたまりを捕らえることができるようになり、
そのかたまりに意味が加わったときの心地よさも体験しました。
様々なゲームの繰り返しがいかに音と意味を捕らえるのに有効かを実感しました。

大横 ハート

posted by Iris犬
posted by E.E.Osaka at 00:00| ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

1月13日勉強会感想D(他言語体験について)

るんるん「コムセマリガ、ハンチベイッソ、ウス・ウス・チャーランダ」
柴田さんの韓国語によるわらべ歌の発表以降、気がついたら、口ずさんでいます。
あの日、子どもの立場になって未修得の言語を習ってみて、
{ 面白かったり、心に残ったものは記憶に残り、自然と口をついてでるのだ。 }
ということを改めて認識しました。

分からない言葉も、あれこれ推理しながら少しずつ分かっていくことのプロセスを、
教える側と教わる側の両方の立場から体験できたのは非常に貴重な体験した。

平山アート

posted by Iris犬
posted by E.E.Osaka at 00:00| ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

1月13日勉強会感想C(他言語体験について)

韓国語での発表というのはとてもsurpriseでした。
世間では、テレビドラマなどで、昔より耳にする機会が増えたとはいえ、
全く知らない言語でホワイトボードに書いてあることすら何一つ分からない。
柴田先生が何をおっしゃっているのか分からないまま始まり、
頭の中は???だらけ。。。。
しかし、柴田先生の表現力の素晴らしさとテンポ良い運び、
また、楽しいアクティビティでいつの間にか歌が口ずさめるようになり、
果ては家に帰っても、頭の中は「くまさん」だらけの気分でした。
自分でこのような経験をして始めて子どもの気持ちもわかりました。
絵や、身振り手振りが理解のために必要かを実感したしました。

宮木プレゼント

posted by Iris犬
posted by E.E.Osaka at 00:00| ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

1月13日勉強会 その後。。。

2月に入ったので すべてのクラスでSkidamarinkを歌っています。揺れるハート
幼稚園児はその動作が無性に可愛いです。
年長さんの男の子は I love you.という言葉とハートのクラフトに照れまくりでした。ハートたち(複数ハート)

小学生の高学年は、、どうかしら、、とちょっとドキドキしながら絵描き歌などで入れました。
5,6年生の女の子たちも3年生の男の子も喜んで歌ってくれています。
その後、勉強会でシェアしたアイディアを参考にカードゲームに発展させています。揺れるハート

dandelion猫
posted by E.E.Osaka at 23:58| Comment(0) | ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

1月13日勉強会感想B(他言語体験について)

IMG_0116.jpg

まず世界中で読まれている”三匹の熊”の絵本関連という素材が良くて、
英語への応用が可能な点に感心しました。そして歌を繰り返し、
内容の謎解きをしながら、少しずつ分かる過程がとても楽しかったです。
知らない言葉を覚えるその入り口は、文字や文法ではなく、聞き耳を立てよく観察し、
目の前の人達のやり取りに、集中する想像力を駆使する事が大切なんだと改めて実感しました。

数字を4つ教えて貰ったのもちょうど良い感じでした。
年齢や個人差があるけれど、ゆっくりしっかり、多くの人に覚えて貰うためには、
先生が欲張って一度に与え過ぎない事も大切かなと思いました。

西口カバン

posted by Iris犬
posted by E.E.Osaka at 16:57| ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

1月13日勉強会感想A

IMG_0127.jpg

勉強会では、テーマに沿った絵本の紹介などもして下さるので、参考になります。

今回は、バレンタインの絵本をたくさん持って来て下さいました。

私自身思い返せば、教室を始めたばかりの頃は、洋書をどこで購入すればよいのか分からず、困ったものです。。。

このような勉強会で、講師同士の情報交換はとても有難いですね。


posted by Iris犬
posted by E.E.Osaka at 16:37| ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

1月13日勉強会感想@(他言語体験について)

以前から、歌とゲームを通して未知の言語の学習を体験したいと思っていたことが、今回実現しました。
全く意味のない音の羅列として耳に入ってきたものを、とにかくわからないまま真似て口に出してみる、そしてゲームを重ねていくうちに、その音の羅列にかたまりがあって、こんな意味かなと類推していく。そして、音と意味が結びついて発話できるようになったときにの言いようの無いワクワク感、子どもたちが英語を学習するプロセスと全く同じ貴重な体験ができました。


E.Oリボン


posted by Iris犬
posted by E.E.Osaka at 20:56| ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

EEとの出会い

楽器を弾くことができない私が、
子供たちにどのように英語歌を教えたらよいのか分からず
途方にくれていたところ、EEの勉強会を知りました。

子供たちを飽きさせることなく、英語歌をレッスンに導入する方法。
歌から文字へつなげるアクティビティーなど。

たくさんのことを教えていただきました。
毎回、勉強会に参加させていただくことが楽しくて仕方ありません。


私と同じような悩みをお持ちの先生はおられませんか?
もしよろしければ、一緒に勉強しましょう。
ご参加お待ちしております。

posted by Iris犬
posted by E.E.Osaka at 16:56| ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする