2008年02月20日

1月13日勉強会感想E(他言語体験について)

IMG_0122.jpg

「コムセマリ」の歌を始めて耳にしたとき、ただの音の羅列にすぎず、
耳に入ってはすぐに消えていく音を全く捕らえられない不安の中、
最後のフレーズの「ウスウスチャーランダ」だけはリズムと音がおもしろく、
すぐ口ずさめるようになり、それが妙にうれしくてその部分だけは得意になって口ずさみました。
このように最初意味のないただの音の羅列だったものが、
様々なゲームを通すうちに、
音のかたまりを捕らえることができるようになり、
そのかたまりに意味が加わったときの心地よさも体験しました。
様々なゲームの繰り返しがいかに音と意味を捕らえるのに有効かを実感しました。

大横 ハート

posted by Iris犬
posted by E.E.Osaka at 00:00| ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする