2008年02月13日

1月13日勉強会感想D(他言語体験について)

るんるん「コムセマリガ、ハンチベイッソ、ウス・ウス・チャーランダ」
柴田さんの韓国語によるわらべ歌の発表以降、気がついたら、口ずさんでいます。
あの日、子どもの立場になって未修得の言語を習ってみて、
{ 面白かったり、心に残ったものは記憶に残り、自然と口をついてでるのだ。 }
ということを改めて認識しました。

分からない言葉も、あれこれ推理しながら少しずつ分かっていくことのプロセスを、
教える側と教わる側の両方の立場から体験できたのは非常に貴重な体験した。

平山アート

posted by Iris犬
posted by E.E.Osaka at 00:00| ★ 参加メンバーコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする